そえだ みき【オフィシャルサイト】

水俣のきらら館常連がレビュー「きらら館ってどんなところ?」

LINEで送る
Pocket

「水俣の道の駅が新しくなって子どものおもちゃ館ができたらしい」と聞いてから今では回数券を買って月に何度も行く常連客になっている我が家。

 

でも何もイベントのない土日はすっからかん、
これは良さが伝わっていないのではないか…?
確かに検索をかけてみてもきらら館について書かれていることって少ない気がする…!と思い、きらら館がどんなところなのか写真付きでまとめてみました。

 

きらら館ってどんなところ?

きらら館は,小さな子どもがいろんな木のおもちゃで遊べる空間です。
水俣のエコパーク内の道の駅の一角にあります。
外観は、ちょっと古い建物にも見える…

 

公式には

木の温もりに包まれた空間で、こどもたちの豊かな心を育むとともに、
大人からこどもまで多世代が一緒に楽しめる交流の場。
との紹介がありました。
 
内装は、木のおもちゃ館で有名な鹿児島のデザイナーさんが担当したとかなんとか聞きました。
ついでに中で芋虫探しができる木も鹿児島のものだと聞きました(何で水俣の人・物じゃないのかは大人の事情があるのかな…?)
 

遊べる年齢層

年齢層は0歳から7歳程度。
でも年齢制限はないので、中学年程度の子が弟妹と一緒に来るのはよく見ます。

 

0歳と7歳が同じ空間で遊ぶのは難しいので、
0歳~3歳を対象とした「よちよちゾーン」
それ以上を対象とした「木のひろばゾーン」にくっきりわかれています。

 

どんなおもちゃがあるの?

よちよちゾーン

 

よちよちゾーンには,口に入れても大丈夫なサイズの木のおもちゃがいっぱい(複数グレーなサイズがありますが…)。
木馬や木のトンネル、積み木、木のプール、サーフボードみたいなやつ、ひっぱってあそべるおもちゃ…

 

木のトンネルと木のプールはサイズ違いが木のひろばゾーンにもあります。

 

0歳児、全然飽きません。
出入り口が1つしかないので、安心して親もゆったりできます。

 

木のひろばゾーン

木のひろばゾーンにはごっこ遊びができるようなスペースがいっぱい。
ごっこカフェとごっこハウスという空間があって、我が家は大体の時間をそこで過ごします。

 

木がたくさん立っているスペースには虫が隠れているので虫をたくさん集めてあそんだり、
こっちの木のプールには滑り台がついているのでダイブしたり。

 

 

もうちょっと手先が器用になれば、ゲームタイプのおもちゃや積み木系のおもちゃも楽しめると思いますが我が家にはまだ早い。

写真にはうつっていませんが、カプラもあります。
定期的におもちゃの入れ替わりもあるようで、繰り返し行っていても楽しめます。

 

直すところを写真で示してあるので字が読めなくても片づけやすい。

 

きらら館のいいところ

駐車場代がタダ

道の駅の一角なので、駐車場代がかかりません。
道の駅目の前の駐車場に止めるのがベストですが、エコパーク広いのでいろんなところに駐車場があります。
(エコパークでは春と秋にバラ園をしているのですがこの時はめちゃめちゃ混雑しています。でもタダ…)

 

きらら館にいくついでに道の駅にってのも簡単です、隣なので。
蛇足ですが道の駅の野菜、きれいで安い。
たまに古い野菜をタダで持って帰れます。

 

こじんまりしているので小さい子どもを複数連れていっても目の届く範囲で見ることができる

私には0歳と2歳の子どもがいますが、2人連れていってもまあ見れます。
公園とかだとだっこしながら駆け回る2歳児見るのは体力持っていかれるし、でもここだったら自分もゆっくりできています。

 

よちよちゾーンと木のひろばゾーンがありますが、それぞれは離れていて靴を履いていかないといけないので、小さな子が知らぬ間に違うゾーンに行くってことも難しいと思います。

 

エコパークの中にあるので,晴れの日は外でも遊べる

きらら館の近くに遊具がたくさんある公園があります。
きらら館が開くのは10時からなので、9時ぐらいから外で遊んで、10時にはきらら館へ…というのをよくやっていました。

 

ただ気をつけないといけないのは、
この公園は大きな道路を2回渡らなくちゃいけないということ。
信号がないので小さなお子さんは手をつなぐこと必須。

 

イベントのない日のきらら館は絶好の穴場

バラ園やってるときはごった返すほどの人がいるらしく、きらら館も1時間の時間制限を設けるようですが、
普段はガラガラで時間縛りがありません。
もう遊びたい放題。片っ端から遊びまくって帰ることにはうとうとしています。

 

 

きらら館のおしいところ

入場料がかかる

芦北の子どもの広場を知っている人間からしたら「何で?!?!」と疑問を隠せない。

 

いやいやまじで何で??????

 

0歳でもお金かかります。
新生児連れて行って遊べなくても入場したらかかります。

 

…何で???????

 

 

水俣市内..子ども200円、大人300円
 水俣市外..子ども200円、大人500円
 

たかが何百円かもしれませんがよく利用するとなると塵積…。
なので回数券は買ったが結局芦北の子どもの広場へもよく遊びに行っています。

 

開く時間が遅く,閉まる時間が早い

営業時間は、10:00〜16:00(入館は15:30まで)

 

0歳~3歳の子どもを連れていこうと思っても長い時間は遊びにくいですね。
11時半ぐらいにはお昼ご飯食べさせないといけないし、15時前までお昼寝するし、おやつ食べさせていたら閉まっています。

 

今日はきらら館に行く!と決めてタイムマネジメントをすることが必要です。

 

 

 

 

 

きらら館ではおもちゃを買うこともできるので、試しに遊ばせる、ということができるのも魅力です。
きらら館、水俣の財政のために広まってほしいけどこじんまり感も好きだからほどほどに有名になってほしい!笑

 

気になっている人は是非行ってみてください!

イラスト・動画制作等の
ご依頼はこちらから

メールでのお問い合わせはこちら

動画用素材、結婚式のウェルカムボード、似顔絵、
LINEスタンプまで幅広く活動。元気のでるイラストをお届けします。
お仕事のご依頼は下記フォームからお問い合わせください。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前

    ふりがな

    メールアドレス

    ご住所


    お電話番号

    お問合せ内容

    個人情報の取り扱い

    この記事を書いた人

    そえだみき

    イラストレーター・お絵描きムービークリエイター(自分ストーリー協会認定)。「わくわく、げんき、ゆめ、ふしぎ、そうぞう」をテーマに制作。元気のでるイラストをお届けします。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    イラスト・動画制作等のご依頼はこちらから。

    お問い合わせ お問い合わせ arrow_right
    PAGE TOP